30代OLの挑戦と選択の人生計画

アラサーOLが試行錯誤しながら働き方、生き方について情報や考えを発信していくブログ

つぶやき

働く女子必見!心と体へのケアが大事!生理への対処法

2017/04/19

体調不良の女性
 
こんにちは。よしです。
 
わたくし、ただいま絶不調中です。
理由は、女性の皆さんが誰しも悩まされる...生理です。
 
むかーしから悩まされてきた生理ですが、社会人になって自分なりの対処法でなんとかやり過ごしてます。
今日はその一部を紹介しますね。
 
 

★働く女子はつらい!理解されにくい生理事情

女性のみなさん、生理ってつらいですよね?
私も初潮を迎えた小4から20年以上、この生理にというものに悩まされてます。
小学生時代は小さいポーチをもってトイレにいくと、ハナタレ男子たちが、「女子がトイレでこそこそしてるぞーせんせーにいいつけるぞー」とか言って追いかけ回され。
中学高校時代は、頭痛や腰痛がひどくなり、体育の授業は欠席。
なにかと大変でしたが、今から思えば社会人になってからの苦労を思えば、屁でもなかった(←お下品すみません)と思います。
 
女性の管理職が多いとか、女性が従業員の大半を占めるとかいうのはまれなケースで、現代の一般の日本企業では、男性の従業員数の割合が多く、とくに総合職では、その傾向は強いと思います。
なので、必然上司も男性が多いわけで。
そうなると、生理だから休みますって、なかなか言えないですよね?
 
私は生理中、経血量が多く、腰痛と頭痛、貧血もあり、生理による体調不良が比較的ひどいタイプです。
とくに1日目〜3日目は仕事に行くのも辛く、有休を使って休んだりしてます。
上司が男性だと言いづらくて、欠席理由は、いつも体調不良で通しています。
 
部署に女性も少ないので余計正直にはいいにくいですね。
就労規則に生理休暇もとれるとありますが、社内にはいまだかつて取得した人はいません笑
 
なんとか会社に行っても、会議が多かったり、工場内で動き回る(一応私はエンジニアなので)ときなどは体力的につらく、トイレになかなかいけないのも不安で仕方ないです。
 
みなさん職業は違えど、働く女性は生理の悩み、尽きないのではないでしょうか?
 

★生理の苦痛を和らげる…体へのアプローチ

苦しむばかりでは解決しないので、なんとか生理痛を軽減できるよう工夫しています。
 

1、体を冷やさないようにする

当たり前ですが、これが一番効果あります。
お腹周り、腰は特に冷やさないようにしましょう。私は夏でも腹巻をしたりします。
冬はさらにカイロを使うと、腹痛、腰痛はかなり軽減しますよ。
 

2、食べ物に気を付ける

これも結構重要です。生理の時は、貧血気味になるので、鉄分が多く含まれるほうれん草やひじき、プルーンなどの食材も食べるようにしています。
かぼちゃはビタミンBが含まれ、生理痛を軽減させる効果もあるそうで、生理の時は、よくかぼちゃの煮物を作って食べたりしています。
 
また、甘いものは、体を冷やし生理痛をひどくする可能性があるため、こちらも控えたほうがいいです。
でも…生理中って甘いもの食べたいですよね…
私は、どうしても食べたいときは、食べ過ぎに注意して、おはぎとか和菓子などの糖分が控えめなものを食べるようにしています。
 

3、カフェインは控える

これも重要です。コーヒー好き、紅茶好きの方には耳が痛い話ですが、カフェインは、血流を悪くし、体を冷やしてしまうため、これも生理中は極力控えてください。
コーヒーはもちろん、紅茶もカフェインが含まれていますので、注意です。
 
私はもともとカフェインレスに気を付けていて、ルイボスティーやローズヒップティーなどカフェインレスのハーブティーを愛飲しています。
ハーブティーっていい香りでおいしいものがたくさんあるので、是非トライしてみてください。
(ハーブティー好きで結構こだわりがあるので、詳細はまた記事にしますね)
 
また、どうしてもコーヒーを飲みたいかたは、カフェインレスのタンポポコーヒーなどもありますので、生理中はそちらに切り替えてみてください。
 

4、ダイエットは一旦お休みする

生理期間中はダイエットはお休みしてください。
そもそも生理中は、ダイエットしても痩せにくいので、まずは、体を休息させることが一番。
私も現在ダイエット中ですが、生理中は3食きちんと食べるようにしています。
ただし、食べ過ぎは禁物です。
栄養のある食事をきちんと取るように心がけましょう。
 

5、たくさん休息する

早めに帰ってとにかくたくさん寝てください。
私は、生理中は、最低7~8時間睡眠時間を取るようにしています。
 
 

★生理の苦痛を和らげる… 心へのアプローチ

生理痛に対する体へのアプローチをお話ししましたが、生理中の体調不良って、意外とストレスと密接にかかわっているようです。
 
いろんなところで言われていますが、私も実体験として経験しました。
仕事やプライベートで嫌なことや悩みがあったりすると、生理周期が変わったり、生理痛がひどくなったりすることはよくあります。
逆に悩みが解決したり、前向きな気分であったりすると、生理痛も軽めだったりします。
 

1、抱えているストレスを減らそう

仕事がうまく進まない、彼氏と喧嘩してしまった、資格の勉強が辛い等、だれしも悩みを抱えていると思います。いまは一旦悩みを脇に置いて、心と体を休めることに集中してみてください。
 
 

2、好きなことをして心を癒そう

寝るまでの時間は、なんでもいいので自分の好きなことをしてリラックスしてください。
生理の日は、ベッドにごろごろしながら読書したり、映画や海外ドラマみたりしていますよ。
 
 

3、香りで心を癒そう

私、無類のお香好きでして、リラックスしたいときには好みのお香を焚くのはとてもおすすめです!
 
趣味を楽しみながら、好きな香りのインセンスを焚いたり、アロマディフューザーを焚いたりしてみてください。より深くリラックスした気持ちになると思いますよ。
(香りの心への効果については、また記事にしますね。)
 
 

★生理中は、心と体を休める貴重なチャンス

最近では、生理になると「自分を休めるチャンス!ラッキー」と思うようなりました。
生理になったら、好きなことをして、自分の体をたくさん労わってあげるようにしています。
 
それでは女子のみなさん、心と体へのアプローチで生理とうまくつきあっていきましょうね!

-つぶやき