ベネディクト・カンバーバッチの魅力がいっぱい!「ドクター・ストレンジ」がおすすめなワケ

ドクター 医者

こんにちは。よしです。

いよいよ公開した「ドクター・ストレンジ」、観に行ってきました。

ここ最近、マーベル作品にハマった私ですが、この作品の公開を待ちわびてましたよ〜

カンバーバッチファンとしても、これは必見。

とゆーことで、今回は「ドクター・ストレンジ」とベネディクト・カンバーバッチの魅力について、お話ししますね。




★「ドクター・ストレンジ」てなんなの?

マーベル・スタジオ製作のスーパーヒーロー映画です。

本国アメリカでは2016年11月に公開されてます。

日本では、すこし遅れて、2017年1月27日から公開されました。

マーベルコミックのアメコミヒーローの実写化

ヒーロー

もとは、マーベル・コミックのヒーローである「ドクター・ストレンジ」を実写化したのが本作みたいです。

すでに有名な「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」と同じ感じですね。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の作品ですよ

「アイアンマン」に「マイティー・ソー」、「キャプテン・アメリカ」…

実はこのあたりのマーベル・スタジオ製作のヒーロー映画は、微妙に内容が繋がってるんですよね。

というか、同じ架空の世界での話という設定らしいです。

この作品群をまとめて、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)と言うんですね。

 

本作は単体でももちろん楽しめるけど、MCUのシリーズものとして捉えると、楽しさ倍増。

みんなMCUのファンになっちゃうってカラクリ。→と私は思う…

ということで、本作もMCUの仲間で、14作目だそうです。

MCU史上、「アイアンマン」を超え、最もヒットした1作目に。

本作、アメリカでは、あの「アイアンマン」の興行収入を超えて、マーベル史上「最もヒットした1作目」になったそう。

ほうほう、すごいすごい…

★「ドクター・ストレンジ」のストーリー

手 両手

肝心のストーリーですが。

すすめたい映画なのに、ネタバレしちゃうと面白さ半減なんで、ここはチラ見せ程度に。笑

主人公は、ベネディクト・カンバーバッチ演じる凄腕の天才外科医であるスティーブン・ストレンジ。

彼はある日、交通事故に遭い、命は取り留めるも、両手に重傷を負ってしまいます。

いろんな手を尽くすも、以前のように器用に手を動かすことができなくなります。

つまり、医者としては致命的な現実に、絶望するスティーブン。

そんなある日、彼は、下半身不随の大怪我を負ったものの、普通に歩けるようになるまで回復した男の話を聞きます。

その男から教わった場所を目指して、スティーブンはカトマンズへ。

そこには、これまでの常識を覆す世界が待っていたのでした…

★「ドクター・ストレンジ」の魅力

挫折からの復活へ。主人公の境遇に共感しやすい。

人間だれしも、人生の中で挫折を経験したことがあるはず。

本作の主人公ストレンジ先生も、大きな挫折を経験し、もがき苦しみます。

でも最後には、苦難を乗り越え、挫折する前よりも、器がデカイ人間に成長しているんですよね。

「挫折から人は多くを学ぶ。」

ベタな教訓のようですが、自分の失敗経験も重ねつつ、このストーリー展開に共感させられました。

「デッドプール」でも感じましたが、最近のマーベル作品は、シナリオが面白い…

人情味があるし、単純な勧善懲悪じゃないのがいいですね。

映画の隠れたメッセージを読み解くのも、観る側としては、また楽しみの一つです。

ベネディクト・カンバーバッチのひとあじ違う魅力を堪能できる

撮影 

いままでは、インテリで真面目、上品なイメージの役が多かったベネディクト・カンバーバッチ。

代表的なのは、「SHERLOCK/シャーロック」のシャーロック・ホームズとかね。

今回は、派手で、傲慢、お調子者で女性にかなりモテそーなドクターを好演してます。

これまでのイメージとは真逆の…セクシードクターです。笑

イギリス紳士なイメージの彼が…新鮮です。

あまりの好演ぶりに、彼の才能にさらに魅せられましたね。

こんなアメリカンなセクシーな役もできるのね。

セクシーセクシーうるさすぎ…

素敵すぎるやないかーーーー。

カンバーバッチだけじゃない!あのマッツ・ミケルセンが出てるよ

私的にはベネディクト・カンバーバッチの次に、このお方、注目でしたよ。

そうなんです。なんと、カンバーバッチの敵役に、マッツ・ミケルセンが出てます。

デンマークの至宝と言われてるマッツ。

ドラマ「ハンニバル」で、一躍有名になりましたね。

その端正な顔立ちとミステリアスで独特の雰囲気(北欧っぽい?)が特徴です。

こちらもお気に入りの俳優さんです。

そのマッツさん、今回、せっかくのルックスが…へんなメイクでややギャグ化してますが…

ハンニバルで、冷酷なサイコパス役が板についたのか、本作でも悪役としての存在感はバツグン。

この方も、本作の見どころの一つですね。

スターチャンネル公式「ハンニバル」HP

いままでのマーベル作品とは、ちょっとテイストが違う

水晶 
これまでのマーベル作品の常識では、圧倒的なパワーで、悪者をばんばんやっつけるのが、ヒーロー。

でも、本作はなにやらちょっと違う…

何が違うのか…魔術を使った異次元での闘いなんです。

 

CGやVFXを駆使した映像が盛りだくさんで、映画館でひとり、おーおースゲ〜てなりました。

アクションあり、SFあり、ファンタジーありで…今までのマーベル作品とやや趣向が違って、そこも面白いです。

 

★ベネディクト・カンバーバッチの魅力が満載な作品

本作で、その魅力を、たっぷり見せてくれたベネディクト・カンバーバッチ。

彼の主演作品でオススメなものをさらーっと紹介しますね。

「SHERLOCK/シャーロック」(イギリスドラマ)

  • ストーリー…あの有名な「シャーロック・ホームズ」を21世紀に置き換えたストーリー。
  • ベネディクト・カンバーバッチの役どころ…主人公シャーロック・ホームズ。

    天才でキテレツな感じと、人付き合いが苦手すぎて、不器用な主人公を好演。

    見れば見るほど、憎めない愛着が湧くキャラ。

    このドラマでは、ウェーブヘアで、知的なイギリス紳士に扮してますよ。

AXNミステリー公式「SHERLOCK/シャーロック」

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(映画)

  • ストーリー…暗号解読者アラン・チューニングの半生を元にした歴史ミステリー映画。
  • ベネディクト・カンバーバッチの役どころ…天才的な数学者である主人公チューニング。

    繊細な内面と、他人と打ち解けられない性格、人には理解されない秘密を持っていること…など複雑な主人公を熱演。

    アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞にもノミネートされ、特にカンバーバッチの演技が高く評価された作品です。

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」公式HP

ちなみに、ここまでで紹介した「ハンニバル」、「SHERLOCK/シャーロック」、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」はどれもhuluで配信中ですよ。

★「ドクター・ストレンジ」はこんな人にオススメ

  • ベネディクト・カンバーバッチが好きな人
  • マーベル作品好きな人
  • 「インセプション」や「マトリックス」が好きな人

★まとめ

ベネディクト・カンバーバッチの魅力満載、これまでとちょっと違うマーベル作品の面白さを感じた本作。

気になった方は、ぜひとも映画館で観てみてくださいね。

あの映像は映画館で観ないと、もったいない…

マーベル公式「ドクター・ストレンジ」HP

ではでは。

関連 隠れた名作がここにアリ!シーズン1で終わったけどオススメな海外ドラマ