理系女子はハマるかも!「csi:科学捜査班」の魅力を徹底的に語ります!

科学 研究

こんにちは。よしです。

あー遂に…あの「csi:科学捜査班」が終了するらしい…

15年も続いて、私の中ではサザエさん的な落ち着く存在やったのに…

ということで、私の大好きなドラマ、「csi:科学捜査班」についてお話したいと思います。




★「csi:科学捜査班」って?

アメリカで2000年から放送開始し、長ーく愛された人気ドラマ。

悲しいことに、シリーズ15で終了することになったんですが。

本国では既に2015年に終了してます。

日本でラストシーズンであるシーズン15が、現在AXNにて放送中なんです。

もうすぐ遂に日本でもフィナーレを迎えちゃうんです。寂しすぎる…

★「csi:科学捜査班」のストーリー

舞台はラスベガス
ラスベガスといえば、カジノですよね。

そんな華やかな街で日々起こる事件を警察の科学捜査班、つまり、鑑識目線で描いたクライムサスペンスドラマ

基本的には一話完結もの。

製作総指揮はジェリー・ブラッカイマー

洋画、アメリカドラマ好きなら、この人のことを知らない人はいないはず。
ってくらい有名な映画・テレビプロデューサーです。

映画では「アルマゲドン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」。

ドラマではcsiシリーズのほかに「コールドケース 迷宮事件簿」も有名ですよね。

★「csi:科学捜査班」の魅力

ドラマの舞台はラスベガス。オープニングから華やかすぎる。

 ラスベガス
ラスベガスが舞台というだけあって、基本的にドラマ全体の雰囲気は明るいです。

その様子はオープニングから既に現れているんです。

じゃじゃじゃじゃ〜ふーあーゆー…というめちゃアップテンポな音楽に合わせて、華やかな街のネオンが画面にでてきて…

これぞラスベガス的な雰囲気満載なオープニング。

ちなみに、この曲はThe Whoというグループの「Who Are  You?」というもの。

The Who-「Who Are  You?」 

個人的にここ、お気に入りです。

いい感じで視聴者の心をアゲテくれる感じが好きですね。

犯罪捜査系ドラマって、「ロー&オーダー」みたいにとことん辛気臭い、暗いのも多いんですよね。
(こちらはこちらで魅力あるんですが。)

でもこちらは、犯罪ものやのに、どないやねんてくらい明るい。

好きですね〜ラスベガスの派手で華のある感じがドラマ全体にでてます。

主任を中心に、メインキャスト陣のキャラクターに愛着がもてる。

科学捜査班というタイトルなんでメインキャラは、科学捜査班のメンバー。

全員それぞれキャラが立ってます。

15年続いてるから、そりゃ自然とそうなるのかも。
というか、だからこそ人気だったんやなーと思います。キャラクターが活き活きしてる感じ。

キャラクターそれぞれの背景がしっかり描かれてて、事件の解決を楽しむとともに、彼らをとりまく人間模様がさらに面白いです。

結婚、離婚、家族との確執などなど。

何よりみんな、絶対犯罪を許さない、証拠をあげるまであきらめない不屈な姿勢が好感もてるんです。

誠実でいいやつばっかりやん、て感じのメンバー揃いで、親しみが持てます。

科学捜査班のチームプレーがお見事

フラスコ
科学捜査班は、捜査官、分析官と二手に分かれて捜査をします。

  • 捜査官…証拠を集めたり、関係者に供述とったり、証拠の分析結果から事件を推理したりする。
  • 分析官…いろんな分析機を使って、証拠を分析。

細かいことを言うと、分析官がキャリアを積むと、現場に出られる、つまり捜査官になれるという感じです。

捜査官も分析官もみんな、化学名聞いただけで、石鹸やら、車のマットレスやら分かるのがすごすぎ…

この2つのパートの素晴らしい連携プレーで事件はみるみるうちに45分くらいで…解決します。

あーすっきりすっきり笑

歴代の主任でドラマの面白さが決まる。特にグリッソムがいい味だしてる。

博士
科学捜査班の主任は、チームのリーダー。

この主任は、ドラマではメイン中のメイン。

csiではこの主任のキャラの濃さ、独特さでドラマの面白さの9割は決まります、て私は思います笑

この主任役、全シーズンを通して、いろんな事情で、度々交代してます。

みんなそれぞれ個性があり好きですが、圧倒的に面白いのは、初代主任のグリッソム時代ですね。

無類の虫好きオタクで、たしか虫関連で博士号持ってて、若干変わり者。 もくもくと地味に証拠を集めて検証して…出世とか全く興味ないタイプ。それがグリッソム。

 

刑事モノって、どちらかといえばガテン系なキャラが多い中、グリッソムみたいにオタクでやや変人だけど上品なおじさまタイプはレアです。

それが珍しくて魅力的ですね。

えーそんなことから、あんなことがわかるん!わずかな痕跡から色んな事が分かる科学捜査

このドラマ見てると、血液や指紋による照合は、初歩中の初歩って感じます。

だって、犯罪現場の虫の種類や樹木の樹齢から犯行時刻を割り出したり。

血痕の軌跡から犯人の動きが分かったり。

とにかく小さな痕跡から、最先端の科学技術を使って謎を解いていきます。

いろんな分析装置を使ったり、ゼラチンで人体模型作って、銃槍を確認したりするシーンは、リアリティがあって面白いです。

理系女子にはなじみがある分析装置も出てきますよ。

ちなみにいっつもこんな感じのアイテムを使ってますよ。

指紋分析キット
科学捜査用ALSライト
ガスクロマトグラフ

言い尽くせない魅力(ツッコミどころも)リストにしてみた。

話だしたらキリがない、 「csi:科学捜査班」の魅力をリスト化したらこんな感じ。

 

  • 主任が変わると雰囲気もかなり変わる
  • メンバー全員とりあえず虫やら木やら、いろんな素材に詳しすぎてすごい
  • いろんなタイプの事件が出てきて、毎回飽きない
  • 科学捜査班が何故かよく事件に巻き込まれる
  • 刑事より科学捜査班が断然目立ってる
  • 女性鑑識キャラがゴージャスで金髪セクシーなお姉さん率高し。職場的にOKなのがすごい…

★「csi:科学捜査班」はこんな人にオススメ

  • 「NCIS ネイビー犯罪捜査班」など明るめなクライムサスペンスが好きな人
  • 「BONES-骨は語る-」みたいな科学捜査系が好きな人

関連働く女子から見たNCISの魅力

★「csi科学捜査班」のオンエア情報

AXNでは年末年始に「csi:科学捜査班」ザ・ファイナルスペシャルをします。

ファイナルシーズンの一挙放送に加えて、「最終章」として特別ドラマも放送されます。

しかも、しかも!
この特別ドラマには、あのグリッソムが登場する~~楽しみすぎるぞ。

AXN-「csi:科学捜査班」ザ・ファイナルスペシャル

また、Dlifeでもシーズン5、6(グリッソム時代←しつこい)が放送中ですよ。

Dlife

興味がある人は是非チェックして見てくださいね。

ではでは。