ノマドができるおすすめのカフェは断然スタバだよって話。

スタバ ノマド

私はブログ作業はだいたいカフェでやるんですが、ノマドできるカフェって意外と少ないんですよね。

ブログ歴1年半の中で、一通りの有名チェーンのカフェや個人経営のおしゃれカフェなどを試してみた結果、スタバが一番ノマドに適しているという判断に至りました。

よし
スタバて、めちゃくちゃ普通やん。

とってもメジャーなスタバですが、よくよく観察すると、ノマドに最適なカフェなんですよ。

 ということで、今回は、スタバがノマドに最適な理由についてお話しますね。

よし
ちなみに、スタバでPCひろげてやってる人が嫌いな人は、この記事読まないでね。

★理由1.スタバはある程度の都会なら日本中どこにでもある

スタバ 街ご存じのとおり、ちょっとした街中ならスタバは結構どこにでもありますよね。

よし
地方の人は完全無視の前提やね☆

東京はもちろん、大阪、京都、福岡など…主要都市には徒歩圏内にたくさんのスタバがあります。

よし
たまに出張で東京とかいくと、スタバの多さにビビるw

ということで、はじめての土地に行って、ちょっと休憩したいとき、スタバを見つけたら、「とりあえずスタバいっとこか。」てなるんですよね。

よし
スタバは大きなハズレがないからね。絶大なる信頼感よね。

★理由2.路面店のスタバは客層がある程度安定しているよ。

カフェチェーンって言っても、いろいろありますけども。

ドトールやベローチェに比べて、スタバは価格帯が高いです。ということで価格に応じてか、スタバの客層は比較的落ち着いた感じ。こんなの。

  • ビジネスマン
  • ショッピング帰りの有閑マダム
  • ちょっとお金に余裕があるっぽい学生
  • フリーランスで仕事してる?っぽい人
  • 静かにゆっくり読書とかしたい人

まあ、先日記事にしたみたいに、こんな迷惑な人もいますけどね。

スタバに巣食うマナーの悪い客から着想を得たよ。ノマド専用カフェいかがすか。

2017.07.20

ただーし。

同じスタバでも例外があり、です。

イオンなどのショッピングモールに入っているスタバは、かなりファミリー感満載、客層がガラリと変わります。

とにかく騒がしいし、うるさいので、完全に除外。

中高生やファミリーが多いから、仕方ないんですけどね。

よし
イオンのスタバとか、もはやスタバの雰囲気が皆無やしねw

★理由3.とっても落ち着く雰囲気、適度な高級感があって、作業が進む進む

カフェ ゆっくり
スタバのコンセプトは「第三の場所」

第一の場所は「自宅」、第二の場所は「職場」。職場と自宅以外でくつろげる場所を提供しようっていうのがスタバの戦略なんですね。

よし
職場はくつろげへんし、家はくつろぎすぎて寝てしまうけどねw

なのでその他カフェチェーンよりも、スタバは内装や店づくりにこだわりが見られますよねー。こんなかんじ。

  • ゆったりくつろげるソファーがあったり
  • 作業に集中できるような木目調のデスクがあったり
  • 温かみのある絶妙な照度の照明
  • 内装のカラーは基本はブラウン
  • 壁には何やら上品でスタイリッシュな絵が飾ってあったりする

とにかく落ち着けるインテリアになってるんですよねー絶妙に。

あとは、適度な雑音があって、それが逆に居心地がよくて、そんなところも作業がとてもはかどるんですよね。

よし
ノマドだけじゃなくて、読書も勉強も進む進むーヨ。

★理由4.自分の好きなようにカスタマイズができる

スタバ カスタマイズノマドで頻繁にスタバを利用するなら、ドリンクで自分なりのカスタマイズができたら、気分転換できて、楽しいですよね。

よし
毎日カフェラテじゃあ飽きるからね。

ちなみにおすすめのカスタマイズは、こんなかんじ。

  • 牛乳の無脂肪、低脂肪への変更
  • 牛乳の豆乳への変更
  • シロップ量の調整
  • 温度の調整
  • ホイップの追加
  • シロップの変更
  • デカフェへの変更
  • 牛乳、エスプレッソ(コーヒー)の割合調整…などなど

タリーズなどでも、ある程度のカスタマイズはできますが。

カスタマイズといえば、スタバが断然細かい注文に答えてもらえるんですよね、しかも笑顔でね。

エスプレッソを限りなくかぎりなーく少なくしたカフェラテとかねw

よし
ややこしw

あと、カスタマイズの中でもスタバがピカイチやと思うのは、温度調整。

たいていタリーズや他のチェーン店のカフェで、めちゃくちゃ熱めを注文すると、100%ぬるいんですよね。

使ってるマシンの違いかな?

私の経験上、エキストラホットを注文して、アツアツで出てくるのは、スタバだけですね。

ちなみに、私はマイタンブラー持参してますよ。アッツアツが長続きしますからね。

冬は特におすすめ!スタバやタリーズを利用するなら、ステンレスボトルがとっても便利なワケ

2017.02.13
よし
長時間ノマドするなら、熱め注文は必須ね。

★理由5.店内は全席禁煙

カフェって喫煙可能だったり、分煙のところが多いんですよね。

でもスタバは店内全席禁煙です。

タリーズやドトールは分煙ですから…

よし
このご時世、分煙とかありえへんわ。

店舗によっては、空調が古くて完全分煙できてなくて、「え、喫煙席ちゃう?」ってくらいタバコくさいときありますからね。

スタバの場合、一切のタバコのニオイを気にせず、快適に過ごせます。

よし
嫌煙家としては、ちょっとでもタバコくさいのはゴメンこうむりね。

★理由6.ホスピタリティがしっかりしている

スタバのホスピタリティは、カフェチェーンのなかでは断トツです。

ざっくりあげただけでもこんなかんじ。

  • 店員教育が徹底しているから、基本的に店員さんは愛想が良くて、気遣いが行き届いている
  • 客の無理難題にも笑顔で対応してくれる
  • 混雑していても、比較的ドリンクの提供速度が速い(タリーズ比w)
  • 店内の清掃が行き届いている

とにかく接客レベルがハンパなく高いってこと。

たいていカフェチェーンやファストフード店って、「まあこんなもんか。」レベルの接客のところが多いけれど、スタバはアベレージがかなり高めですね。

たかだか500円程度のドリンクで、これだけのホスピタリティとちょっとした高級感を味わえると思えば、安いものです。

よし
マックのスマイルゼロ円とか、完全嘘やからね。

まあ店員さんがフレンドリーすぎて、こんなちょっとハズイ会話もあるけどもw

店員さん
あ、髪形変えられたんですね。お似合いですーー!気分転換ですか?
よし
あ、は、はい…特に理由ないんですけどね…

★ノマド上級者は、お気に入りのスタバをみつけろ!

スタバ お気に入りということで、優秀なノマドカフェであるスタバですが。

スタバって、どこもかしこも混雑がすごいですよね。

他のカフェチェーンの比じゃないです。なので、座席の争奪戦が毎回結構たいへん…

しかも、なんとか座席を取れても、すわり心地のいい一人掛けソファー席や個別テーブル席は人気でなかなか確保できません。

なので、ノマドでスタバを利用する場合、お気に入りの店舗をみつけましょう。

みつけたら、だいたいの混雑具合や空いている時間などを把握しましょう。

どやって知るか?

それはもうね、ひたすら店舗に通い詰めるしかないです。

よし
鬼シンプルーーーw

常連になれば、だいたいその店の客入りの流れが読めますからね。

空いている曜日や時間帯が把握できるってこと。

それができれば、あとは希望の座席を確保して、ゆっくり作業するだけ、です。

よし
私はお気に入りのスタバを数店舗見つけてるでーー。

★行きつけのスタバを見つけて、常連客になったら、マナーよくふるまおう

ノマドワーカーに注意してほしいのは、マナーよくふるまうということ。

具体的にはこんなかんじ。

 

  • 一杯のコーヒーで長時間居座らない
  • 半日程度いるならドリンク2杯くらい注文しよう
  • 挨拶や注文は愛想よく。店員さんとの会話を楽しもう
  • お片づけはしっかりと
  • 繁忙時は、席をゆずりあおうね。

私は、スタバで作業すると長いときで5時間くらい滞在するんですが。

そのくらい居座る場合は、2杯はドリンク注文しますね。あとフードも。

よし
スタバのスイーツ類大好きやからねー。頭使って、糖分不足になるしね。

半日近くいるのに、ショートサイズのドリンク1杯で居座っている人みかけますが、あれは完全にアウト。

よし
いやいやスゴイ度胸やな、君。

常連客としていつも気持ちよく利用するためには、お店側の立場も考えましょうね。

よし
つーかショートサイズのコーヒー1杯だけで半日もよく粘れるわw

ちなみに、店員さんと仲良しになったら、試食や試飲させてもらえたり、おすすめのカスタマイズを教えてもらえたりと、結構楽しいですよ。

よし
スタバの店員さんに悪い人はほとんどいないのだ。

★まとめ スタバでノマドはコスパいいんやで。

ドリンクの値段が高いからスタバは嫌だ…そういう人もいますが。

結局のところ、ノマドする側にとっては、これだけ落ち着く環境なので、作業性はいいんですよね。

なので、コスパが非常にイイ。

よし
私の場合、家は落ち着きすぎて、寝てしまうからアウトなのよー

ということで、ノマドするならスタバがおすすめだよって話でした。

よし
ノマドやるなら、みんなもスタバでPCどやってミソ?←

ではでは。



プロフィール

非婚ブロガーよし

非婚ブロガーのよしです。

彼との10年間の事実婚経験から非婚というフリーなライフスタイルを発信していきます。

日本では、いまだ女性は結婚してあたりまえ、しないのは変人みたいな扱いをうけますがw
このブログを通して、そんな風潮に前面から挑戦していきますよ。

独身非婚の悩み、恋愛ネタ、筋トレ、適応障害の経験から学んだ心の悩みやストレスについて、いつまでも女性らしくいられる健康や美容の話、大好きな海外ドラマについてあれこれお伝えしていきます。

おすすめ記事