独身OLにおすすめ!映画を見てストレス発散しよう!

映画館
こんにちは。よしです。
 
映画好き過ぎて、毎週1回は見に行っちゃってます。
お家でみるのもいいですが、映画はやはり映画館で観たい派です。
 
でっかいスクリーンを前にしてると、完全に自分が映画の世界に入り込んだ感覚を味わえて…
 だから、ついつい映画館に通ってしまいます。
 
関連 30オーバー独身女子は観ると元気になれる!『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
 

★映画館で映画を楽しもう!

みなさん、映画館ってなんかわくわくしませんか?

私、めちゃめちゃわくわくします。

自分なりに、なんでこんなに映画館が好きなんだろうって考えてみました。

 
 

★感情を素直に表現できる

日常生活の中で、感情を素直に表現することって、意外と少ないですよね。

みなさん無表情で生活しているわけではないと思いますが、会社生活で、いらっとしても顔には出せない、
面白いと感じても澄ました顔をしている、なんていうシーンは多くないでしょうか。

 

映画館の暗闇は非日常的ですよね。
不思議と心が解放され、さらに映画に引き込まれて、自然と自分の感情を素直に表現してしまうんですよね…私は。

アクションものは、ドキドキハラハラして。
ホラーものは、ひやひやドキドキ。
感動ものは、涙がとまらない…というような感じで。

映画の上映時間は2~3時間で、その時間、フルに感情を解放する(あくまで静かに!)ことで、ストレス発散効果があるんじゃないかなって私は思っています。

 
 

★映画館でのマイルール

映画自体ももちろん大事なんですが、映画を観るときのマイルールを決めてます。しょうもないですがw

  • 映画のお供はカフェラテ(これもシネコンにより違うんで、自分のお気に入りのシネコンを見つけていますw)
  • 席は、最後列で、できるだけ四方に人がいないこと。
 
マイルールを作って、映画を観ることをより深く楽しむのもおすすめですよ。
 
 

★最近観たおすすめの映画「キャロル」

 

2人女性の恋愛(同性愛)を描いた作品。

主演は、ケイト・ブランシェットルーニー・マーラ

ストーリー

時代は1950年代のニューヨーク。

まだ社会的に同性愛が認められていない時代。
2人の女性が周囲の反対や社会の偏見に晒されながらも、最終的には、お互いへの愛情を深めていくというお話。

見どころポイント① ケイト演じるキャロルのオーラが圧巻

ケイト演じるキャロルから表現されるオーラには、映画の冒頭から引き込まれっぱなしでした。

一見すると、キャロルは、裕福で幸せで、ゴージャスな夫人。

でも、その表情やこまかな動作で、内面は、現状に不満と不安を抱いていることを表しています。
本当の愛を探している、でも傷つくことにとても臆病になっている、そんな様子が見て取れました。

笑顔には、観ているこちらが泣きたくなるくらいの哀愁がいつも漂っているんです。

見どころポイント② キャロルの衣装やメイクにもこだわりがたくさん!

ケイト自身、この映画のエグゼクティブプロデユーサーも務めていて、役作りにおいて、衣装やメイクなどのビジュアルに拘ったとのこと。

それぞれのシーンが持つ意味とビジュアル(衣装やメイク)がずれていないか注意したようです。

毛皮のコートの裾がふわりと翻るのも、計算のうちだったんですね。

ケイトの役作りに対する執念も感じられる作品です。

 

感想

最終的には、世間に認められた人生よりも、自分の意志を貫くことを選択した2人。

自分の価値観か、世間の価値観で生きるのか…
私も自分の意志を貫いて生きていきないな…と考えさせられました。

見終わった後には、2人の女性の逆境に負けない強さを分けてもらえたような気がしました。

追記(2016年12月21日) 

「キャロル」はツタヤでもDVDのレンタル・販売ともに開始されています。 
興味ある方は是非チェックしてみてください。
 

★映画を見ることで得られる効果

こんな感じで映画を通して、感情を表現し、その中に描かれたメッセージから自分の人生を考えてみたりするのも楽しいです。

みなさんも映画館で映画を見てリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

ではでは。

プロフィール

非婚ブロガーよし

非婚ブロガーのよしです。

彼との10年間の事実婚経験から非婚というフリーなライフスタイルを発信していきます。

日本では、いまだ女性は結婚してあたりまえ、しないのは変人みたいな扱いをうけますがw
このブログを通して、そんな風潮に前面から挑戦していきますよ。

独身非婚の悩み、恋愛ネタ、筋トレ、適応障害の経験から学んだ心の悩みやストレスについて、いつまでも女性らしくいられる健康や美容の話、大好きな海外ドラマについてあれこれお伝えしていきます。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です